価格:16,800円(税込)【100%完全返金保証付】

2012年09月28日

プレッシャーを体と心に与えてしまいますからね。



以前は、スイッチが入る(この言葉を発すると吃音になるな〜と思う。)時って、10割、失敗しちゃってましたが、今は、6〜7割ぐらいに下がりました。



それは、治療を受けていて、自立訓練をしているからだと思います。



それでも、6〜7割ぐらいは、失敗しちゃいます。



スイッチが入るということは、これからこの言葉を言うと、失敗するぞ!と自分に暗示しているようなものですから、まだ、すべて失敗せずに言える様になるには、時間がかかりそうです。。。



でも、スイッチが入らない(吃音にならない言葉)時は、普通に話せるので、失敗しないようにするには、スイッチを入れないようにするのが、とても重要だというのは、分かるので、スイッチを入れないようにしようと思います。



その為には、スイッチを入れないように思うのでなく、普通に話す時の体や心の状態を知ることが大切かなと思います。



スイッチを入れないようにすると思うと、スイッチを入れないように、入れないようにと別のプレッシャーを体と心に与えてしまうと思いますから。



難しいですね。

posted by アドバンス at 20:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
PR あがり症改善プログラム〜1日たった15分!?極度のあがり症を改善した心理カウンセラーが教えるある方法とは?〜
  

  
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。