価格:16,800円(税込)【100%完全返金保証付】

2012年03月31日

緊張は、誰だってします。

アナウンサーの方でも。



でも、アナウンサーの方は、緊張していることを、みんなに見せないのです。



一方、あがり症や吃音の方は、緊張していることをみんなに見せてしまうのです。



声の震えや赤面でね。



緊張する場面で、緊張しないようにすることは、誰もできないかと!



でも、緊張しているんだけど、緊張していないように見せることはできます。



それを自分のものにすることも対処法の1つかなと思います。



このことを心療内科の先生に言われ時、緊張の糸が緩んだように感じました。。



そうすると、自分自身も書くことに対しての意識(集中)を軽減することができて、一石二鳥かなと思いますが。。。



posted by アドバンス at 17:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
PR あがり症改善プログラム〜1日たった15分!?極度のあがり症を改善した心理カウンセラーが教えるある方法とは?〜
  

  
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。